Set Primary menu by going to Appearance > Menus

七五三ってどんなもの?

七五三とは、三歳・五歳・七歳の成長の節目で、子どもが無事成長したことを祝う日本の行事です。
一般的に家族で神社にお参りしたり、記念に写真館で写真を撮ったり、食事会を開いたりと形式は様々ですが、根本は子供が元気に成長したことを喜び祝うものです。
七五三は11月15日が鬼が家にいるので縁起の良い日とされていましたが、今は10月から11月の休日など家族そろってお参りができる日というのが一般的です。
七五三は、男の子は三歳(髪を伸ばし始める髪置き)と五歳(初めて袴をつける袴着)にお祝いをし、女の子は三歳(髪を伸ばし始める髪置き)と七歳(帯を使い始める帯解き)にお祝いをするとされています。昔は数えの年でお祝いをしていましたが、今は満年齢で行うことが多いです。
神社ではお祓いを受け、祝詞をあげてもらうのが一般的ですが、最近は神社に参拝してお賽銭をあげ、子どもの成長を祈願するだけの人も増えています。子どもには千歳飴をもたせますが、その千歳飴にも子供が元気に成長するように、長生きするようにという願いが込められています。
服装は女の子は肩あげをした着物で男の子は袴というのが主流でしたが、最近では子供に負担のかからない服装が良いとされ、洋装化もしているようです。